ステンドグラスデザイン提案・現場打ち合わせ・制作/修理修復〜現場施工まで サイトマップ お問い合わせ
松本ステンドグラス製作所 ステンドグラストップ
ステンドグラス製作状況 会社案内 技術情報 ステンドグラス 歴史 ステンドグラス写真 ステンドグラス見積もり ステンドグラスご注文の流れ
ステンドグラス > 日本のステンドグラス歴史 > 年表
ステンドグラス歴史
年表
歴史的出来事
 
 

ステンドグラス 歴史

伝統技法研究会主催の「伝義塾 日本のステンドグラス 歴史とその魅力」が本になりました。
伝義塾 日本のステンドグラス 歴史とその魅力が本になりました

=目次=

1 ステンドグラス前史
文明開化を彩った色ガラス 
 内田青蔵

 ・ステンドグラスの始まり
 ・モダンなステンドグラスへ
 ・日本とステンドグラス


2 人と作品
天窓に虹をかけた人びと 
 田辺千代

 ・宇野澤辰雄と小川三知
 ・創成期の作家たち
 ・黄金期の作品
 ・気品ある三知の作品
 ・三知の最高傑作 宮越邸
 ・旧川上貞奴邸と山崎別邸の新発見
 ・波山の息子 板谷梅樹
 ・代表作一覧


3 ステンドグラスの技法? 対談
松本ステインドグラス製作所の歴史と
旧川上貞奴邸のステンドグラス

 松本健治・田辺千代・大平秀和

 ・宇野澤の流れを汲む製作所
 ・旧川上貞奴邸のいわれ

4 ステンドグラスの技法? 対談
ステンドグラスの製作工程
松本健治・松本一郎・大平秀和

 ・ステンドグラス製作の流れ
 ・各工程の解説


付録 年譜--ステンドグラスの黄金期を飾った工房

 

伝統技法研究会編 定価1000円+送料
B5版 全72ページ
2006/3/3発刊

巻頭カラー 8ページ 
・旧川上貞奴邸
・宮越邸
・子安小学校
・川越亀屋--山崎別邸


平成16年11月〜平成17年1月にかけ行われた「伝義塾 日本のステンドグラス 歴史とその魅力」が本になりました。
小川三知の作品、宮越邸ステンドグラスや旧川上貞奴邸の復元品がカラー写真で紹介されています。

松本ステンドグラス製作所の技法が初めて紹介されます。


 


藤森照信東大教授による書評 →毎日新聞

お申し込みフォーム

お申し込みは以下のフォームからお願いします。(※は必須です)
伝統技法研究会へ直接注文になります。(松本ステンドグラスには届きません)
氏名
ふりがな
※難しい読みの場合のみ
住所 郵便番号よりお願いします。
電話番号
性別 男性 女性
年齢
職業
メールアドレス

※確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。

希望部数
どこでこの本を知りましたか?
何かひとことございましたらお願いします。

今後、伝統技法研究会からのご案内を希望しますか?

希望する
希望しない

うまく送信できない方は、以下まで直接お申し込み下さい。
伝統技法研究会 dengi@kta.biglobe.ne.jp
電話 03-3367-1165 
FAX 03-3367-1175
建築を生かす専門家集団 伝統技法研究会

<個人情報の取り扱いについて>
お送り頂きましたお客様の個人情報は、伝統技法研究会が責任を持って管理し、本の発送と購入者リスト、また、ご希望の方のみ今後のご案内以外の目的には使用致しません。

ステンドグラス
| ホーム | 会社案内 | 技術情報 | 製作実績 | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク |

松本ステンドグラス製作所
会社概要 沿革 地図 ブログ

■昭和23年創業
株式会社松本ステインドグラス製作所は、明治23年日本で最初のステンドグラス工房であった宇野澤ステンドグラス工場の唯一の直系工房として、伝統的技法を受け継ぎ、昭和23年、日本橋浜町に創業。

■デザインから施工まで
教室を併設しない日本では数少ない注文製作専門工房です。ステンドグラスのデザイン設計から製作・現場施工まで一貫して自社で行っておりますのでご安心頂けます。

■世界最高水準の強度
明治からの伝統技法を受け継ぎ、独自工法として改良を重ね、対風圧実験では風速56mという結果を出しています。屋外面にも使えます。
 
住所 本社:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-21-5
工房:〒135-0006 東京都江東区常盤1-12-4
電話:03-3631-6422 FAX :03-3631-6551

Copyright(C) 2011 Matsumoto Stainedglass Co.,ltd

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。株式会社 松本ステンドグラス製作所