ステンドグラスデザイン提案・現場打ち合わせ・制作/修理修復〜現場施工まで サイトマップ お問い合わせ
松本ステンドグラス製作所 ステンドグラストップ
ステンドグラス製作状況 会社案内 技術情報 ステンドグラス 歴史 ステンドグラス写真 ステンドグラス見積もり ステンドグラスご注文の流れ
ステンドグラス > 日本のステンドグラス歴史 > 年表
ステンドグラス歴史
歴史的出来事
伝義塾 日本のステンドグラス 歴史とその魅力が本になりました
 
 

ステンドグラス 歴史

日本のステンドグラスの歴史(明治 大正 昭和)

事柄
江戸末期 日本で現存する最古のステンドグラス、大浦天主堂
(これは嵌め込み輸入ガラスであるが、現存する最古の竣工ステンドであるとの解釈)
明治19年 宇野澤辰雄、ベックマン貸費生としてドイツへ渡航(11/13)
明治23年 宇野澤辰雄、帰国し日本人として初めてステンドグラスの技術を持ち帰る。(1/8)
  芝区新銭座4番地に「宇野澤ステンド硝子工場」を設立
明治27年 司法省(現在も現存するもステンドグラスは焼失)  海軍省
明治29年 大審院
明治31年 宇野澤辰雄、このころに宇野澤ステンドグラスを解散。ポンプ業に転身
   
明治39年 辰雄の養父宇野澤辰美、別府七郎・木内慎太郎と共に
「宇野澤ステンド硝子工場」を再開
明治43年 アメリカより帰国の小川三知、現在の東京田端に「小川スタヂオ」を開業
明治44年 宇野澤辰雄死去(6/23)
大正2年 別府七郎、京橋区入船町2丁目(現在の東京愛宕)に別府製作所を開業
大正5年 木内真太郎、大阪の末吉通り4丁目に宇野沢組ステンドグラス大阪出張所を開業(その後、玲光社と名前を変え、現在に至る。)
大正6年 横浜開港記念会館
大正8年 宇野澤辰美死去(1/7)
宇野澤組ステインドグラス製作所は宇野澤秀雄が受け継ぐ
大正11年 木内、天王寺南河堀町に移転(大正10年)後、玲光社と改名
昭和2年 小川三知死去 のち、小川スタヂオは閉鎖
大竹龍蔵、東京にて千代田ステンドを開業(後の大竹ステンドグラス)
昭和11年 帝國議會議事堂(現国会議事堂)
昭和18年 松本三郎、大立目氏より「宇野澤ステインドグラス製作所」を受け継ぐ。
昭和20年 東京大空襲により新銭の工場が焼け、倉庫にあった道具・ガラスなどを全て焼失。
昭和23年 東京都中央区日本橋浜町に「松本ステインドグラス製作所」を開業。現在に至る。

ステンドグラス
| ホーム | 会社案内 | 技術情報 | 製作実績 | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク |

松本ステンドグラス製作所
会社概要 沿革 地図 ブログ

■昭和23年創業
株式会社松本ステインドグラス製作所は、明治23年日本で最初のステンドグラス工房であった宇野澤ステンドグラス工場の唯一の直系工房として、伝統的技法を受け継ぎ、昭和23年、日本橋浜町に創業。

■デザインから施工まで
教室を併設しない日本では数少ない注文製作専門工房です。ステンドグラスのデザイン設計から製作・現場施工まで一貫して自社で行っておりますのでご安心頂けます。

■世界最高水準の強度
明治からの伝統技法を受け継ぎ、独自工法として改良を重ね、対風圧実験では風速56mという結果を出しています。屋外面にも使えます。
 
住所 本社:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-21-5
工房:〒135-0006 東京都江東区常盤1-12-4
電話:03-3631-6422 FAX :03-3631-6551

Copyright(C) 2011 Matsumoto Stainedglass Co.,ltd

本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。株式会社 松本ステンドグラス製作所